スキルワーカーのアジア移住について考える

人材の流動化を活性化して「人材の国境意識を無くし自由に経済・文化・人材の交流ができる世界を実現させる」ことができないでしょうか?

東南アジア諸国(ASEAN等)の経済発展がめざましい、反面日本を中心とした先進国は高齢化が著しい。
経済成長率や人口ピラミッド等比較すれば一目瞭然!!更に日本の高齢化社会では少ない若者達だけで支えるのは既に無理である。
国内企業に働くシニア・スキルワーカー(40歳以上)は転職したいと思っているが諦めている人の割合が50%を超えていると言われている。現実問題経済発展が止まっている日本においてさすがに高齢者転職でやり甲斐の有る職に就ける確率はわずかと考える。それではどうしたら良いのか?
そこで考えないといけないことは、日本の人口ピラミッドを正常な姿(逆三角形→正三角形)に戻すことが急務となる。高齢者労働人口を減らし、若者の働き場を作ることを実践しないと日本経済は破綻すると言っても過言では無い。
その対策は40代・50代を中心としたベテラン・スキルワーカーをアジアの発展途上国に送り込み経済発展を支援することである!!発展途上国における課題は逆に若者人口が急速に増大しており、農業等の一次産業だけでは対応できない状況に来ている。つまり今のうちに第二次・三次産業を作り、それをリードできるスキルワーカを送り込む必要性が迫られている。この両者の課題を解決する策であることは明確になってくる。

国内大手企業はリストラの嵐が吹き荒れている。首切りのターゲットは当然40歳代以上となる。さてこの人達はどうすれば良いのだろうか?
考えられる選択肢は
1.起業する
2.同業他社に転職する
3.アルバイトで一時的低賃金労働に従事する
4.給料の低い単純労働で我慢する
5.海外で求められるスキルワーカとして移住する

上記1、2のハードルは高い、3、4もメリットが少ない。となれば5の海外移住を本気で考えてみたらどうだろうか?
年収1000万円以上のホワイトカラーに対する調査でもどうせ転職するなら海外移住を求める割合は50%を超えているという結果が出ている。今後ブルーカラーも同様に発展途上国に移住する機会が増えることで、結果的にアジア全域の経済発展正常化を期待することができると考える。
このように人的交流が実現すれば自ずと経済、文化、物流も活発に動き出すことに繋がる。

そう、われわれの夢は人々のネットワークで アジア合衆国を実現することなのだ!!!

是非これに向かって一歩を踏み出したいと思う。