アンテナ力

最近女性起業家の方とディスカッションして話題になったことをひとつ。

今年に入って起業テーマが社会的課題に向いているという変化を様々な観点で感じられる。
その際、これら課題を見つける場合の感覚の違いに男女で少なからず差が有るという内容だ。

課題の見つけ方に男女で差がある

日々生活の中で感じる不便さや不均衡って何だろう、働き方・暮らし方の考え方が急速に変化し多様性が求められる現代において、まず最初に直面する課題に女性の方が敏感に感じ取っていてアンテナが立っているという。
その方の夫婦間での感じ方においても夫は何とも思わなくても妻の方がおかしいと感じることが多いそうだ。

社会がものすごい勢いで変化

社会がものすごい勢いでグローバル化し、ヒト・モノ・カネ・情報の流動性が増し、格差社会が露呈されている現代においてこれまで常識だと思われていたことが非常識になることが多々ある。
このような人間の過去の体験から成り立つ社会の変革において、これらを改善するには必ず男女相互に意見をぶつけあうことが必要だ。

無意識の改革が求められる

無意識に男性が女性を見下していた社会が見直さないといけない。
ビジネスシーンの一場面で、契約を結ぶ際に相手が女性だからといって無意識に見下した契約内容に相互気付いていないことがあったという例では、第三者がそれを見て初めて指摘を受けたという。
今後ますます女性が活躍する世界になっていくことで、このような社会課題に立ち向かう女性が増えると予想する。

皆さんはどのよに感じますか?
少なくとも比較的男性よりアンテナ力の高い女性が今後の起業家環境を変えていくことは間違い無いようだ。